産後ドゥーラとは

出産後(特に産後3週間)は身体の変化だけでなく、ホルモンバランスも急激に変化するため、精神的にも不安定になりがちな時期。赤ちゃんのお世話以外は横になって休むことが必要です。

そんなセンシティブな時期に赤ちゃんのお世話に専念できるように、産後ドゥーラが家事や育児を支えるとともに、小さな悩みや相談も真摯に受け止め、妊産婦さんの心と身体をいたわるお手伝いをします。

産後ドゥーラは、産前産後の専門知識を持ち、出産後から子育てが軌道に乗るまでの母親を支える有資格者の女性です。出産後のサポートをするために必要な知識や技術を、70時間以上にわたって医療従事者や産前産後の専門家などから学んでいます。

子育ての第一歩を安心して過ごせるよう母親に寄り添い、産後のお世話や家事育児などの具体的ケア、各専門家への連携などを幅広く手がけます。

アメリカやイギリスでは職業として確立され、活躍しているドゥーラが多数います。ドゥーラの語源はギリシャ語で「他の女性を支援する、経験豊かな女性」という意味です。

◎産後ドゥーラ事業の詳細につきましては、

(社)ドゥーラ協会のホームページもあわせてご参照ください。